2009年12月06日

マネジメントコントロール

マネージメントコントロール.jpg少し思うところがあり 短期通信講座を申し込んだ

マネジメントコントロール

断っておくが あやしい新興宗教とかではない

経営上の目標を達成するために 組織の持つ能力を

最大限引き出すための仕組み 手法のことだ

簡単に書くと 企業には『将来こうなりたい』という『ビジョン』があるだろう

そのために『〜年には売り上げ○○億』等の『目標』がある

その達成のために『どの地区や領域に事業展開し予算投下』等『戦略』を決める

それに応じて『人員配置』も行われる

その目標への達成過程が上手くいっているかどうか評価 管理をする手法

それが『マネジメントコントロール』 

特に厄介なのは『人員』である 正当に評価せねば『モチベーション』が下がる

かといって甘めの評価を与えると 会社の目標にいつまでたっても到達できない

そのための手法が『目標管理制度=MBO(Managiment By Objection)』

会社目標を個人に落とし目標を設定 その達成度合いで個人評価を行うものだ

目標は『売り上げ○○千万』といった目に見える『定量的なもの』と

『部下 後輩の育成』等 目に見えない『定性的なもの』に分けられる

これを半期 または四半期毎に達成度合いにより評価する手法がとられる

もともとはアメリカのMBA(経営修士養成課程)で教えられていたものだが

現在日本企業でも導入しているところは多く 一般的になりつつある 

間違えないようにしないといけないのは『マネジメントコントロール』 『MBO』は

あくまでも『手段』であり『目標』ではない点

(間違うと個人はMBOを芸術的に仕上げる為にムダに時間を費やす等が起こる)

また評価するのもされるのも『人間』であり 感情的なもの 恣意的なものは

排除しようとしても避けられない点だ(互いの好き嫌いで評価に差が出る点)

いずれにせよ考え方は一度学んでおいて損はないだろう

これを学ぶことは『手段』であり『目標』ではない

それを肝に命じなければならないのは俺自身だろうとは思っているが................

ブログ村ランキング.bmp

【関連する記事】
posted by narcis at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134841973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。