2009年12月31日

年賀状

091230-180912.jpg里につき  母のたわいもない愚痴を数時間ほど

聞かされたあと 今年最後の大仕事に取り掛かる

皆喜んでこの仕事をこなしているのだろうか?

そう『年賀状』書きだ

付き合いが多くなればその数は増え、減らすのが容易ではないのは誰も同じだろう

コンピュータで作成したハガキを裏面だけプリンターでコピーし持ってきているが

問題は宛名書きと裏に書く一言の文章だ 数えてみると全部で100枚はある

これでは裏の一言文面が同じになるのはいたしかたあるまい

仕事の後輩達には『今年は活躍が目立った年でしたね 来年も期待してます』

ほとんど会わない親類には『こちらは元気でやってます お変わりありませんか?』

何を書けばいいのか迷う知り合いには『久しぶりに逢いたいですね』

上司や取引先には『ご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします』

だんだんイヤになってきた  なぜもっと早くから書かなかったのだろう

出すのは31日になるから元旦には着かないことにも今更ながら気がつく

もうやめた  書き終えた仕事関係は別として 親類 友人 知り合いは

送られてきた人にのみ返送する禁断の手を使うことにする

俺のが届かないと気にするのはきっと数人にすぎないだろうから

『あくせくしたってはじまらんさ』

自分を納得させるためつぶやいてみる

しかし確かこの禁じ手   去年もつかったような....................................

PR:島耕作のような人生を歩む人に*****ムード

PR:【楽天トラベルプレミアコレクション ホテルオークラ<神戸>】
楽天トラベルホテルオークラ.bmp
【関連する記事】
posted by narcis at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136994609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。