2010年01月01日

海辺

091231-115659.jpg年の変わり目は起きて過ごそうと思っていたが

飲み疲れた体には少々酷だったようだ

気がつくとコタツで新しい朝を迎えていた

母をつれ  朝の買い物に車を走らせる

さほど遠くない場所にある 昔よく通った海岸線

整備がいきとどいた今でも  海と空の青さは学生時代あの頃のままだ

海辺へと吹きおろす山からの強い陸風に  コオトの襟を立てた

多感だったあの頃  この海辺で何度も読み返した小説があったのを思い出した

恋人たちの時刻

確か医者でもある作家が学生時代に書いた本だっただろうか

漁師街で育ち歯科助手として働く『のりこ』は 

言い寄ってくる北大の男子医学生に付き合う条件として

幼なじみで現在連絡の取れない『まり子』を探すことを依頼する

『まり子』のあしどりを追っていくうち

男子学生は彼女のあまりにも奔放な生き方を知ることになり

そのことを『のりこ』に伝えるべきか葛藤する  

もうすこしで居場所が分かろうという時『のりこ』は探すのを止めてほしいと

急に言い出す...これ以上探すのならもう逢わないとも....なぜ?...

衝撃的な結末に呆然としたのを覚えている

小説の中に出てくる海辺の描写を 当時この海岸にダブらせ

『まり子』がふと現れるのではないだろうか.............そんな感覚に陥ったことも

あれから20年近くが過ぎようとしている

実際生きていると小説のように常に綺麗な結末があるわけではない

結末さえみえないこともあるだろう

『事実は小説よりも奇なり..................』

当時の俺がいまここに現れたなら  そう教えてあげたい...................

PR:島耕作のような人生を歩む人に*****ムード



【関連する記事】
posted by narcis at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

年賀状

091230-180912.jpg里につき  母のたわいもない愚痴を数時間ほど

聞かされたあと 今年最後の大仕事に取り掛かる

皆喜んでこの仕事をこなしているのだろうか?

そう『年賀状』書きだ

付き合いが多くなればその数は増え、減らすのが容易ではないのは誰も同じだろう

コンピュータで作成したハガキを裏面だけプリンターでコピーし持ってきているが

問題は宛名書きと裏に書く一言の文章だ 数えてみると全部で100枚はある

これでは裏の一言文面が同じになるのはいたしかたあるまい

仕事の後輩達には『今年は活躍が目立った年でしたね 来年も期待してます』

ほとんど会わない親類には『こちらは元気でやってます お変わりありませんか?』

何を書けばいいのか迷う知り合いには『久しぶりに逢いたいですね』

上司や取引先には『ご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします』

だんだんイヤになってきた  なぜもっと早くから書かなかったのだろう

出すのは31日になるから元旦には着かないことにも今更ながら気がつく

もうやめた  書き終えた仕事関係は別として 親類 友人 知り合いは

送られてきた人にのみ返送する禁断の手を使うことにする

俺のが届かないと気にするのはきっと数人にすぎないだろうから

『あくせくしたってはじまらんさ』

自分を納得させるためつぶやいてみる

しかし確かこの禁じ手   去年もつかったような....................................

PR:島耕作のような人生を歩む人に*****ムード

PR:【楽天トラベルプレミアコレクション ホテルオークラ<神戸>】
楽天トラベルホテルオークラ.bmp
posted by narcis at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。